小山剛 木工展「33の木々」


小山剛 木工展 

「33の木々」

1月1日(日)ー 1月11日(水)  期間中無休

在廊日:1月1日、2日

森の奥ではじける種子のような、海底に埋もれる石のような、

太古からの地層のような、眠っていた発掘品のような、

見たこともない生物のような、水をつたう波紋のような、

心象の揺らめきのような、そのすべてから届く光や影のような、

33の未知なる木の姿。

-

軽井沢で制作する木工作家、小山剛の中国地方初個展を行います。

小山剛の仕事を初めて目にしたとき、木そのものの神聖なる美しさと、

そこに近づいては遠ざかる作家の姿に心を打たれました。

今回の展示では、盆や皿などの道具は最小限にとどめ、

一点物の作品を中心に、彼の新しい試みの数々を展示する予定です。

生活に寄り添うものでありながら、あたらしい扉を開いてくれる何か。

きっと見たことのない美しい木々の姿。

2017年元日より、皆様のお越しをお待ちしています。

小山剛

1983年 新潟市出身

2004年 木工家 谷進一郎氏に師事

2010年 軽井沢町にて独立